安達ヶ原の鬼密室 歌野晶午

( ´_ゝ`)

どうも作者の狙いを捉えることができなかった。最初に「こうへいくんとナノレンジャーきゅうしゅつだいさくせん」という話があって、次に「The Ripper with Edouard」、そのあとにタイトルになっている「安達ヶ原の鬼密室」になっている。この並びも読んだ後なら意味が多少はわかるけど、どうにも捉えきれていない感じがする。

「安達ヶ原の鬼密室」自体は結構面白かった。少年の目を通したホラーっぽい描写とか。トリックより話の展開がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です