ゲームの名は誘拐 東野圭吾




(・∀・)イイ!!

狂言誘拐する話。青春のデスマスク(雑誌連載)→ゲームの名は誘拐(単行本)→G@me(映画)といろいろタイトルが付いてる。雑誌連載時のタイトルはどうかと思うけど(青春て)。外面を良く見せかけている主人公だけど、狂言誘拐にあたって感情的な面が結構現れてたのが印象的。

以下壮絶にネタばれ。

どこで誘拐が失敗するかとドキドキしながらページを進めていたら、普通に誘拐が成功してしまってちょっとびっくり。そうくるか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です