CriticalSection

昨日の非同期受信。キューだと思ってたら別スレッドでしたよ。おかげでデータが混ざる混ざるorz

というわけでCriticalSectionにして、ひとつのスレッドのみ実行可能な領域としないとひどいことに。lockステートメントでサクっと実装。

private void Receive(IAsyncResult ar)
{

lock(typeof( classname ))
{
/* ...中略... */
}
}

”classname”のところにはクラス名を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です