奇跡島の不思議 二階堂黎人

.。.:*・゜゜・(´ー`).。*・゜゜・*:.。.

孤島に館が建ってて、そこに訪れた美大生グループが殺人鬼に襲われるお話。形だけなら超ありきたりの犯人当て。読み始めてすぐに違和感に襲われる。発行日を確認……1996年の作品だったのか……。うへぇ。「足跡」が出てきた瞬間に引いてしまったよ。

フーダニットに徹しているだけに、しっかり読んでいれば犯人はすぐわかる。しかし、目撃証言に対して「あれは君の錯覚です」で終わりかよ……。まあ、読んでいるほうも信じてなかったわけなのだけれども。

フーダニットの犯行動機はどうしても復讐、狂気になってしまうのがなぁ。「○○○ー見られた」位の衝撃的なヤツも頼みますよ(まあそれも「狂気」に分類されるけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です