人形幻戯 西澤保彦

(・∀・)イイ!!

いつも西澤保彦の短編は一発ネタでダメとか書いてるけど、今作(短編集)は意外とおもしろかった。トリックよりも動機に焦点を当てている話が多くて、長編と同様にドロドロした話が多かったせいかな。西澤保彦は人間の(他人から見ると)どうでもいい心の動きを描くのが上手い。そんなことのためにそこまでするか!という動機が多くて、確かにどうでもいいけど共感できるところもあるので好き。

しかし「転・送・密・室」から新キャラクタが増えたようで……。先に読んでおけばよかった……orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です