アポロ13号 奇跡の生還 ヘンリー・クーパーjr.




1970年4月13日。アポロ13号にトラブルが発生した。

そのトラブルの原因を考えて、計算して確かめて。そうして一つ一つ可能性を減らしていく。今も昔もやっていることは変わらないのだけれども。それを非常に限られた時間の中で、成功させたのは素晴らしいと思った。

このころのアポロの飛行では5500万ビット(=約6.5Mバイト)のデータを転送してリアルタイムで処理していたらしい。速い(´Д⊂



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です