冷たい校舎の時は止まる(下) 辻村深月




総合としてはおもしろかったよ。

「読者への挑戦状」が入っていたのはちょっと驚き。この作品は現代を舞台にしてはいるけど、何でもありなファンタジーだから、解くために使える情報がどこにあったのかわからない。でも「読者への挑戦状」が入っているくらいだから論理的に解けるのかな。読み返してみよう。

また、(中)と同様に展開がとにかくゆっくり。3分冊はぬるい展開を実現するための手段か。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です