長い家の殺人 歌野晶午




微妙。とりあえず裏表紙は煽り過ぎかと。

これも「館モノ」の流れなのかな。見取り図見ただけでトリックがわかるのはやっぱりダメ(´Д⊂

他にもこじつけめいた暗号とか、これぞ80年代の本格ミステリといった感じ。自分にはトリックしか見所のないミステリは合わない。

あと2冊あるわけだけど、探偵役同じなのか。マリファナ全肯定なのに。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です