終わりのクロニクル3(中) 川上稔




都市シリーズから眺めてきた身として、符号の重なりが非常に面白くなってきた。この本の登場人物たちは各人、各ペアで完結していて、妙な組み合わせでの共闘があんまりないのが残念だけれども。ただ、そういうように創っているのかもしれない。

しかし、3(中)という中途半端な巻数表示。この先何冊続き、どこに行き着くやら。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です