消えた少年たち(上)(下) オースン・スコット・カード




おもしろかった。すごくリアルで生々しい家族小説。表題の「消えた少年たち」とぜんぜん関係なさそうな話(いじめ、宗教、仕事)が大部分を占めるがそれらを乗り越えていく家族の姿が非常に面白い。プログラム組んでる身としてはコモドール64、IBM-PCといった当時のマシンについての当時のプログラマから見た感想が非常に興味深かった。

ラストの展開には思わず涙。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です